読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格式の高さ

他の店のボーイさんに"今日は天気がいいね。元気にしてる?"なんて声をかけられて、"元気、元気"なんて立ち話しちゃったりしてさ(笑)」松「その分、あの町は人情味が厚くて、困ったときは皆が助けてくれるって言う」竹「アタシは困る前に辞めちゃったから、わかんない。でも、今の時代はそういうのって、流行んないと思うなあ」流行らないかもしれないし、お手軽で素人臭い風俗全盛の風潮は吉原にも着実に押し寄せてきているが、吉原くんだりまで行くからには、他とは違うサービス、風格があって欲しいと個人的には思う。

吉原のソープに入った知り合いが言っていたが、その店の指名トップのおねえさんは非常に優しく、最初に控室に入っていったら、あちらが正座して「初めまして、今日子と言います。よろしくお願いしますね」と挨拶をしてきたそうだ(控室はどこも畳かカーペット。日本人はこうじゃなきゃ落ち着けません。なお、今日子というのは本当の源氏名。興味ある方は探してみてくださいな)。「ああいう性格の人が結局はお客さんの受けがいいんだろうね。

でも、やっぱりイヤな女もいてね。トップクラスじゃなくて指名数をすごく気にしているようなコが、イジメとかをやるんじゃないかな」と新人ソープ嬢の彼女。彼女は今までソフト風俗にいたのだが、「やはり吉原は厳しい雰囲気がある。町自体が異質だし、男子従業員もすごくピッチリしている」と言い、今でも吉原はあらゆる点で格式の高さが残っている町なのだ。